シニア保険の医療保障

シニア保険とは、50歳以上の中高年を対象にした、簡単な手続きだけで加入できる保険のことです。
無選択型と呼ばれる、このような保険は告知書の提出なく加入することができます。
年齢や健康上の問題などから保険の契約更新ができなかった、また入ろうとした保険では診査段階で加入できなかったなど、保険に加入することが難しくなったシニア世代に提案できる保険です。

大きく分けて死亡後に保障が受けられる死亡保障型と、入院矢手術などの医療費が保障される医療保障型があります。
このような保険は、加入しやすいのがメリットですが、保険料は一般的に割高にはなっています。
死亡保障型の場合、保険料の払込が普通は生涯続くものですが、加入した時期によっては払った保険料の総額が死亡保険金よりも多くなってしまう可能性も考えられます。
また保障対象外の病気もあるため、自分に必要な保障と掛け金を考えて加入する必要があります。

シニア保険の医療保障型は病気や怪我の保障、入院、手術に対する保障に重点がおかれていることが多く、死亡給付金は現役世代に比べて少なめです。
また30日、60日、120日、180日と入院日数が制限されているものがあり、日数制限を越えて入院した場合には、越えた分の保険料を自己負担で支払われないので注意が必要です。

たとえば、入りやすい保険で人気のあるアリコジャパンのシニア向け保険「入院保険守りたい」は85歳までの人なら誰でも入れますというのが売りに成っています。
実際に糖尿病などの既往症を持っている人や現在も通院・服薬などの治療中の病気があって医療保険の加入が断られたことがあっても、現在入院中でなければ簡単な告知だけで加入できます。
条件は最近3ヶ月以内に医者から入院・手術を勧められていないこと、2年以内に入院・手術をしていないこと、5年以内に癌や肝硬変と診断されたり、入院・手術を受けたりしていないこと、この三つだけなのです。
(収入や職業・過去の契約内容や現在加入の保険の内容によっては新たに加入できない場合もあります)
さらにこの保険では既往症などが悪化した場合にも給付金を受け取ることもできるのです。
最高90歳まで保障が続き、保険料が一生涯上がらないのも魅力です。
保険料は60歳男性、入院1日5,000円コースで、保険料は月額14,515円です。
保障内容は入院1日5,000円、手術1回5万円、通院1日2,500円、死亡保障が50万円ついて生存給付金は70歳では10万・80歳では10万・90歳で50万円となっています。(契約2年目以降の場合)
また他社によって条件や特約が付けられたりする場合もあるので、詳しくは保険会社で聞いて見るのがよいのでは。