シニア保険の死亡保障

シニア世代の死亡保障は、現役世代のように自分が亡くなった後の遺族の生活資金が目的というよりは、葬儀費用などに当てられる目的のように思われます。
といっても人様々、目的にあわせて選べる保障も充実しています。

アフラックの「終身保険どなたでも」は商品名のとおり、医師の審査もなく、健康状態を知らせる必要のない加入審査のない誰でも入れる保険です。
保険期間は終身 で加入年齢も40歳から80歳までとなっています。
加入年齢 満40歳?満80歳まで 、保険料は更新がなく一生涯変わりません。
支払方法 は月払・半年払い・年払い で選べ、月々の保険料は2,000円から1,000円単位で設定でき、もちろん掛け捨てではありません。解約払戻金もあります。
しかし、短期間で解約した場合には解約払戻金がない場合もありますのでご注意を。
また不慮の事故または感染症で死亡した場合は、病気で死亡した場合の4倍の保険金が支払われます。
特約として被保険者の余命が6ヶ月以内と判断された場合には、生存中に将来支給される予定の死亡保険金をリビング・ニーズ保険金として前もって受け取ることもできます。(契約日から2年経過している場合に限ります)

このほかにもアリコジャパンの「ずっとスマイル」では契約年齢が満50歳?80歳までの終身払いコースと契約年齢が満50歳?60歳までの70歳払済コースがあります。
加入診査 は告知 のみで、支払方法 も月払・半年払い・年払いと選べます。(条件によっては加入できないこともありますのでご注意を)
たとえば60歳男性終身払いコースでは病気の死亡保障100万円事故・災害時の死亡保障400万円では月々の掛け金は5,191円となります。女性では3,696円となります。
残される家族が心配のときは充実した保障で、病気の死亡保障500万円事故・災害時の死亡保障2,000万円では月々の掛け金は25,955円となります。女性では18,480円となります。
これが70歳払済コースでは同じ条件の60歳男性終身払いコースでは病気の死亡保障100万円事故・災害時の死亡保障400万円では月々の掛け金は9,397円となります。女性では8,125円と少し高めになります。
こちらも生存中に死亡保険金を受け取れるリビング・ニーズ保険金は特約として付けられます。

オリックス生命では解約返戻金をなくすことで掛け金を安くでき、保険期間も5年間隔で決められ、保証金も100万単位で選べる自由設計の手頃な死亡保障保険が人気です。
もちろんリビング・ニーズ保険金は特約があり、病気も事故・災害時も同額の補償が受けられることもおすすめです。